結婚式で必要な会場選びのポイントや準備しなければいけないもの

結婚式

結婚が決まったらまず考えること

結婚が決まったらまず考えるのが結婚式はするのかどうかです。結納だけを済ませるカップルもいれば、披露宴、二次会までするカップルもいます。神戸で結婚するカップルの中でも選択肢は様々。タキシードやウェディングドレスを着て写真を撮るだけにするのか、披露宴や二次会をするのかでも準備するものや予算が変わってくるでしょう。

新郎新婦

目的を考える

結婚式をする際には飾り付けを用意するという人もいますが、結婚式場が用意してくれることもあります。どこまで自分たちで用意するのかは、結婚式を挙げる目的によっても変わってくるでしょう。
アットホームな式にしたいならゲストハウスや少人数のレストランで行なうことも可能ですし、海外で挙げたいなら結婚式場を手配してくれる業者を探さなければなりません。まずは目的を決めることが大事です。

[PR]
TOPテキストリンク1
TOPテキストテキストテキスト

神社とチャペルで行なう式

神社

鶴岡八幡宮のような神社は神前式でも人気の神社です。両家の縁結びをする形式なので、両家の家族も積極的に参加しなければなりません。参進の儀で和服を着て外を歩くことができるのも人気の理由です。

チャペル

チャペルは日本人にはなじみが薄いので、ロマンティックな雰囲気が人気です。新郎新婦とその両親を中心に幅広い人が参加できるのが特徴で、室内なので天候に左右されないという良さがあります。

[PR]
TOPテキストリンク2
TOPテキストテキストテキスト

新郎も積極的に参加しよう

挙式といえば和装やドレスを着用できる機会なので、女性の夢ともとらえられがちですが、男性も積極的に参加するべきです。じつにいろんな方法で式が挙げられるので、こだわりを反映させられます。

こだわって良かった!男性の感想

ブーケ

滅多に着ないタキシード

妻が積極的に結婚式を考えてたのでどこか他人事でした。だけどタキシードをレンタルで選んだときせっかく着るならこだわりたいと思ったのです。千鳥格子のデザインを選んだのですが、親戚からも「馬子にも衣装だな」と喜んでもらえました。

[PR]
TOPテキストリンク3
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク4
TOPテキストテキストテキスト

[PR]
TOPテキストリンク5
TOPテキストテキストテキスト

広告募集中